子どものための面会・交流
サポートプロジェクト

両親が離婚すると、子どもは親をひとり失うことになる……。
日本ではこうした考えがながく一般的でした。

しかし、夫婦が関係を解消しても、どちらの親も子どもにとっては大切な存在であり、離れて暮らす親と交流を保ち続けることは、両親の離婚を経験した子どもたちにとってなによりの支えとなります。

子どもが子どもとしての生活を手にし、安定した精神状態でよりよい人生を築いていくために、私たち大人にできることはたくさんあるはずです。

離婚を選択した親として、子どもが必要以上の苦痛や悲しみにさらされないよう、最大限に努力したい……私たちは、そう考えていらっしゃる方々の力になりたいと考えています。

私たちVi-Project(ビー・プロジェクト)は「2つの家庭」を持つことになった子どもたちが、双方の親と良好な関係を維持していくための面会支援サービスを実施しています。

Vi-Project 事業内容】

Vi-Project(ビー・プロジェクト)は、子どもと別居親との面会時、同居親と別居親の間を移動するお子さんの移動付添いサービスを中心に、 面会の調整・連絡などに対応いたします。

  • カウンセリング(利用相談)
  • 面会のコーディネート(面会日時・内容の調整、連絡)
  • トランスファー・サポート(お子さんの移動付添い)
  • 弁護士事務所内での面会同席
  • プログラム、ワークショップなどの開催

Vi-Project Mission】

両親の別離により一方の親と離れて暮らす子どもたちが健やかに、より豊かで実りある人生を歩んでいけるよう、子どもの気持ちを第一に考えたサポート活動を推進します。

1. Empathy 共感

離婚/別居により離れて暮らす親と子どもの面会・交流を、子どもの気持ちや成長過程を尊重してサポートします。

2. Security 安全

子どもが安心して安全に面会・交流が行われるようサポートします。

3. Self-Esteem 自尊

子どもが両親や社会と健全なつながりを持ち、自分は愛される存在だという自尊感情を育めるようサポートします。

4. Relationship つながり

子どもと両親が互いを尊重する肯定的な関係を築いていけるようサポートします。

5. Advocacy 提言

両親の離婚/別居を経験した子どもたちの気持ちやニーズを社会に伝え、私たち大人にできることを提案していきます。

Vi-Projectとは

Vi-Project(ビー・プロジェクト)は、離婚によって子どもたちと両親とのつながりが断絶されることなく、良好な関係を築いていくための面会・交流支援サービスの提供を目指して設立されました。